ようこそ、
ペンションすもーくちーふへ

ent
昔々、ある所に山小屋がありました。

そこへ若い二人が
やってきて
『私たちもこんな仕事がやりたいね』

 

ということで、1986年白樺高原にsmokea[1]ペンションすもーくちーふを開業しました。
(すもーくちーふとは、チーフが作る燻製から名付けました)
数十年の時が流れ、
若かった二人も今ではすっかりおじさんとおばさん
すもーくちーふはみんなに元気を贈り
愛されるペンションになりました。

木の香りのする宿に泊まろう。

まずはこちらの宿のHPをご覧いただいてありがとうございます。
当ペンションは1986年4月に開業いたしました。
試行錯誤の日々でしたが、お客様には良い思い出をつくっていただこうと考えております。
設備などはホテルなどに及びませんが、お食事とおもいやりは自信があります。
地元で採れた食材・自分で収穫したもの、春は山菜、秋はキノコ、
夏は地元で採れた安心・安全の新鮮野菜をなるべく使用しています。
その中でも蓼科山麓の清流で育った渓流魚の燻製は、山桜のチップを使用し、
漬け込み・塩抜き・乾燥・薫煙と3日間かけてできあがります。
ここでしか味わえない逸品です。

ご来訪のお客様には必ず提供できるようにしておりますので、
どうぞ楽しみにお越しください。